PEOPLE 1 PR

【PEOPLE 1】メンバー顔・年齢・大学、バンド名前の読み方・略称は?チェンソーマン主題歌は何話?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

引用元:https://kai-you.net/article/83546/images/2

今、若者を中心に人気のPEOPLE 1というバンドをご存知ですか?個性的で独特な世界観の楽曲やMVは”おしゃれ”で”エモい”と言われていて、新しい魅力を放つバンドとして話題沸騰中です!

今回は、そんなPEOPLE 1の

  • 経歴やバンド名前の読み方・略称は?
  • メンバー顔・年齢・大学などプロフィール
  • チェンソーマン主題歌は何話?

という情報について調べてまとめてみました(^^)


【PEOPLE 1】経歴やバンド名前の読み方・略称は?

引用元:https://tower.jp/article/feature_item/2020/08/07/0708

経歴

PEOPLE 1は、

  • Deu(ボーカル・ ギター・ベース)
  • Ito(ボーカル・ギター)
  • Takeuchi(ドラム)

の3人メンバーで

  • 2019年12月に結成

された3ピースバンドです。

  • 所属レーベルはPollyanna Records
  • 所属事務所は
    • ユニバーサルミュージック
    • BLTrecords

で、

  • 東京を拠点に活動

しているPEOPLE 1。結成のきっかけや詳細については、

Takeuchi(Dr) 関係性でいうと、もともと3人は同じ大学のサークルのメンバーで、僕とDeuくんが同期、Itoが1個下です。

Ito(Vo, G) ただ、大学時代に結成したわけではなくて。卒業後にDeuさんの呼びかけで集まりました。最初に曲を出したのが2019年の12月なんですけど、そこに向けてじわじわと始まっていた感じでしたね。3人で曲を録り始めた頃はまだバンド名も決まっていなかったですし……ぬるっと始まったんですよね。

Deu(Vo, G, B, Other) だから、2019年12月の結成と同時に活動開始っていう感じですね。

引用元:https://natalie.mu/music/pp/people1

ということで、PEOPLE 1結成の中心人物はボーカルのDeuさんだったことが分かりますね。

今年2022年で結成からまだ3年しか経っていないPEOPLE 1ですが、すでに

  • 1st  EP『大衆音楽』(2019年12月27日リリース)
  • 2nd EP『GANG AGE』(2020年9月30日リリース)
  • 3rd EP『Something Sweet, Something Excellent』(2021年4月28日リリース)

と、音源集を3作もリリースしており、1st EP『大衆音楽』と2nd EP『GANG AGE』は、

  • タワーレコードのマンスリー企画 ”タワレコメン” で史上初の2作品同時選出

を果たしています。さらに今年2022年には配信限定シングルとして、

  • 銃の部品:2022年4月20日リリース
  • RE:銃の部品 feat. TOOBOE:2022年5月20日リリース
  • YOUNG TOWN:2022年6月1日リリース
  • 紫陽花:2022年6月29日リリース
  • Deadstock:2022年8月24日リリース
  • Re:Deadstock feat. WurtS:2022年9月28日リリース
  • DOGLAND:2022年12月14日リリース)

を新たに発表していて、注目アーティストとのコラボや人気アニメとのタイアップでも話題を集めていますね!

PEOPLE 1といえば、

  • ジャンルレスで中毒性のある楽曲

が特徴ですが、音楽性だけでなく、

  • 個性的な世界観のMVやアートワーク

も魅力の1つで、2022年12月現在、

  • YouTubeで公開されたMVの総再生回数は1850万回超え

となっています。

  • 「エモい」
  • 「おしゃれ」
  • 「中毒性がある」

と形容されるPEOPLE 1ですが、楽曲だけでなく、MVやアートワークに触れることでよりPEOPLE 1の世界観を深く感じられるところも大きな特徴ですよね(^^)

まだまだ露出も少なく非公開の情報も多い中で、昨年2021年には、Spotifyが躍進を期待する次世代アーティスト

  • 「Early Noise 2021」に選出された

PEOPLE 1。過去には

  • Official髭男dism
  • King Gnu
  • あいみょん

なども輩出されていることから、今後PEOPLE 1がさらに知名度を上げていくことが期待できますよね!!

【Kroi(バンド)】メンバー年齢・身長・大学・出身などプロフィールを徹底紹介! ネオミクスチャーバンドとして注目を集めているKroi(クロイ)。内田怜央さん(ギター・ボーカル)曰く、バンドの強さは“レトロとモ...

バンド名前の読み方・略称は?

PEOPLE 1という名前については、

  • PEOPLE 1
    • 読み方:PEOPLE 1(ピープルワン)
    • 略称:ピポワン、ピポイチ

で、由来については、Deuさん(ボーカル・ ギター・ベース)曰く、

言ってしまえば、孤独感からスタートしているものなので。King Gnuさんの逆じゃないですけど(※King Gnuのバンド名には、動物のヌーが春から少しずつ合流してやがて巨大な群れになる習性を持っていることから、自分たちも老若男女を巻き込み大きな群れになりたいという思いが込められている)、「どこまでいっても1人」ということですね。売れる前提で始めたバンドだけど、売れても1人。売れようが売れまいが1人っていう感じです。ポジティブに捉えれば、「1人ひとりに寄り添っている」という意味もあるかもしれないですね。

引用元:https://natalie.mu/music/pp/people1/page/2

とのことです。独特の孤独感が由来のようですが、ポジティブに言うと「1人1人に寄り添う」という風にも捉えられる・・・個性的で奥深い素敵なバンド名ですよね。

PEOPLE 1の読み方はそのまま「ピープルワン」ですが、略称についてはかねてより

  • 「ピポワン」か「ピポイチ」でファンの間で論争になっていた

ことから、2021年の生配信で、メンバーのTakeuchiさん(ドラム)とItoさん(ボーカル・ギター)の代理戦争が行われ、企画で構成された3本勝負の結果、Itoさんが勝利したことによって、

  • 正式略称は「ピポワン」

で決定しています!

ちなみに、

  • ファンの名前は「大衆」

とのことですが、これは、もともと大衆音楽をほとんど聴いてこなかったDeuさんが

  • 「大衆音楽をやらなきゃ」との思いで始めたのがPEOPLE 1

であるというエピソードが由来なのかなと個人的に感じました。応援してくれるファンこそが大衆で、その大衆が求める音楽を作り続けていくことが目標・・・ファンが大切な存在であるからこそのファン名であるようにも感じます。

【KingGnu:キングヌー】メンバーの顔・出身・年齢・血液型は?『白日』読み方やライブ雰囲気・倍率を調査! 今回は人気急上昇中のバンドKing Gnu(キングヌー)に注目しました。メンバーの顔や出身、年齢、血液型などのプロフィールから有...

【PEOPLE 1】メンバー顔・年齢・大学などプロフィール紹介!

引用元:https://twitter.com/PPP_PEOPLE1/status/1556292121715322885/photo/2

まだまだ謎の多いPEOPLE 1ですが、すでにライブやフェスにも参加していますし、Twitterなどでも普通に

  • 顔出ししている

ようです。↑の写真では、

  • 左:Deuさん(ボーカル・ ギター・ベース)
  • 真ん中:Itoさん(ボーカル・ギター)
  • 右:Takeuchiさん(ドラム)

だと思われますが、顔や雰囲気からしてメンバー全員イケメンであることが分かります!楽曲だけでなく、まさしくメンバーも”おしゃれ”なPEOPLE 1ですね!

引用元:https://twitter.com/PPP_PEOPLE1

PEOPLE 1は、

  • 同じ大学のサークルのメンバーで結成

されているとのことですが、2022年12月現在、

  • 大学名は非公表

のようです。ただ、

  • Deuさんの出身地は東京都(23区外)

であることだけはインタビューで判明しているので、

  • 関東の大学出身

である可能性が高いかもしれませんね。

また、メンバー全員、

  • 生年月日も非公表

のようなので、現在の年齢は不明です。ただ、

  • DeuさんとTakeuchiさんは大学の同期
  • Itoさんは1個下

であることは判明しています。前述の通り、PEOPLE 1結成&活動開始の2019年12月時点で大学は卒業していたとのことなので、大学卒業が”2019年以前”であることはたしかですよね。なので、

  • DeuさんとTakeuchiさん:1995年生まれ(現在28歳)以上の年齢(大学の同期=同い年だとしたら)
  • Itoさん:1996年生まれ(現在27歳)以上の年齢

だと推測できるのではないでしょうか。個人的には、大学卒業後の呼びかけで結成できていることから、卒業からそんなに時間は経過していないと考えられそうなので、上記の年齢から大きく離れていることはないように感じています!

メンバーそれぞれの細かいプロフィールについて、もう少しご紹介していきますね(^^)

Deu/ボーカル・ ギター・ベース

引用元:https://twitter.com/PEOPLE1_STAFF/status/1556274947286114305/photo/3

Deuさんは、PEOPLE 1の

  • ほとんど全ての楽曲の作詞作曲を担当

していることからも、PEOPLE 1の中心人物だと言えます。

  • 「Deu」の読み方は「ドイ」

であることから、本名の苗字は「ドイ」さんなのかもしれませんね!

  • 中学から吹奏楽
  • 高校からバンド

を始めて、もともと

  • THE BLUE HEARTS
  • andymori

が好きだったというDeuさんですが、とはいえ、

  • 自分が音楽を始めた分かりやすいきっかけはそんなにない

とのこと。ただ、

  • やらない理由がないから音楽を続けてきた

そうなので、その結果が現在のDeuさんだということですね。音楽性や活動スタイルからも、そういった背景が垣間見える気がします。まさに真のアーティストという感じがしますよね!

Deuさんは、PEOPLE 1の他に、

  • ソロプロジェクト「The Bad Ten Hours」

も行っていて、その活動の際にはSNSやYouTube上で積極的に顔出しをされていたようです。

引用元:https://teji-magazine.net/2021/08/19/people1-mennba/
引用元:https://twitter.com/thebadtenhours/status/1129606734148907008/photo/1

今とは髪型や雰囲気が少し違いますが、おしゃれな髭が似合うイケメンに変わりはないと思います!!

ちなみに、Deuさんのイメージについて、PEOPLE 1メンバーからは、

  • Itoさん:「難しい人、真面目な人」
  • Takeuchiさん:「優しい人、面白い人、ツンデレ」

と言われているようです(^^)

Ito/ボーカル・ギター

引用元:https://twitter.com/PEOPLE1_STAFF/status/1556275164643356672/photo/2

Deuさんによると、

  • 歌が上手

との理由でPEOPLE 1に勧誘されたというItoさんは、意外にも、

  • 大学に入るまで音楽を聴くことも楽器演奏もしていなかった

そうです。大学でDeuさんに出会ってからは、教えてもらった楽曲をよく聴いて過ごしていたようですが、大学で音楽に目覚めたとは思えないほどの実力派ですよね。Deuさんに勧誘されたのも納得です。

好きな音楽は、

  • 邦楽メイン

とのことで、特に音楽性にこだわりがなさそうなところもItoさんの魅力と言えそうですね!

Itoさんの顔については、実際にライブで見たファンからは

  • [Alexandros]の川上洋平に似たイケメン

と言われているようです!

  • Itoさん

引用元:https://twitter.com/PEOPLE1_STAFF/status/1556274947286114305/photo/2

  • 川上洋平さん

引用元:https://oggi.jp/6446839

たしかに似てますね!!Itoさんの顔もイケメンであることがよく分かりました(^^)

【[Alexandros]】現在メンバー年齢・身長・彼女、ドラム脱退理由は?ファンやCM人気曲ワタリドリも調査! 人気バンドとして名を上げた[Alexandros](アレキサンドロス)。CMで使われていた人気曲「ワタリドリ」でさらに有名になり...

Takeuchi/ドラム

引用元:https://twitter.com/PEOPLE1_STAFF/status/1556274947286114305/photo/4

メンバーの中で1番情報が少ないドラマーTakeuchiさん。ドラム以外にも、

  • ライブではサンプラー(サウンドを自由に加工して音源として使用できる機材)なども演奏する

そうなので、高い音楽スキルの持ち主であることがうかがえます。

好きな音楽は、

  • マキシマム ザ ホルモンのような激しめの音楽

とのことで、

  • 金髪

が魅力的なイケメンTakeuchiさんです(^^)

【NEE】メンバー年齢・本名・学歴、バンド名前の読み方・意味は?ボーカルくぅはボカロP村上蔵馬で活動中! 結成まもなく話題を集め、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍している”エキゾチックロックバンド”NEE。近代的な邦ロックを上手く融合さ...

【PEOPLE 1】チェンソーマン主題歌は何話?

引用元:https://twitter.com/ppp_people1/status/1571823931925073922

今年2022年の10月から放送されている大人気TVアニメ『チェンソーマン』。

  • 主題歌は米津玄師さんの「KICK BACK」

ですが、

  • エンディング主題歌は12組のアーティストが週替わりで担当

するという特徴があり、

  • Vaundy
  • ずっと真夜中でいいのに。
  • マキシマムザホルモン
  • TK from 凛として時雨
  • Aimer
  • 女王蜂

など旬の人気アーティストが担当しています。錚々たる顔ぶれの中に一緒に並ぶことになったPEOPLE 1・・・どれだけ注目されているバンドなのかがよく分かりますよね!

PEOPLE 1からは、チェンソーマン放送開始前の9月の段階で

  • 曲名は「DOGLAND」で、全12話中のどこかで流れる

とアナウンスされていました。Deuさんは、チェンソーマンについて、

  • 「ジャンプで1話目を読んでとても興奮した作品」

という風に語っていて、エンディング主題歌「DOGLAND」についても

  • 「チェンソーマンの強い世界観に負けないクールで強引な曲になった」

という風にコメントしていたことからも、ファンの間では、

  • 「#DOGLANDはよ」

のキーワードとともに、PEOPLE 1担当のエンディング主題歌の放送を心待ちにする声が上がり続けていました。そして、ついに、PEOPLE 1「DOGLAND」がエンディング主題歌として

  • 2022年12月14日0時~放送のチェンソーマン第10話で放送

されました!「DOGLAND」は同じ日にソニー・ミュージックより配信リリースもされていて、さらに、12月23日に生配信となる

  • チェンソーマン最終話直前特番『ワシらの音楽』にDeuさんの出演が決定

しています。今回のタイアップでさらにPEOPLE 1の人気が高まったことは間違いないと言えそうですね!チェンソーマンは放送前から話題だった超人気アニメですし、そのエンディング主題歌担当に抜擢されたPEOPLE 1・・・改めてすごいバンドだということを感じました!!

【ヤングスキニー】メンバー年齢・身長・出身・本名は?結成いつ?マカロニえんぴつに似てる?バンド名前の意味も紹介! 若者を中心に人気を集めている大注目ロックバンドのヤングスキニー。2022年12月現在、実はまだインディーズバンドであるにも関わら...

まとめ

今回は、PEOPLE 1の

  • バンド名前の読み方・略称は?
  • メンバー顔・年齢・大学などプロフィール
  • チェンソーマン主題歌は何話?

といった情報をご紹介しました!

バンドの名前
  • PEOPLE 1
    • 読み方:PEOPLE 1(ピープルワン)
    • 略称:ピポワン、ピポイチ
    • 由来・意味:「どこまで行っても1人」という孤独感が由来だが、「1人ひとりに寄り添っている」というポジティブな意味でも捉えられる
メンバー
  • Deu(ボーカル・ ギター・ベース)
  • Ito(ボーカル・ギター)
  • Takeuchi(ドラム)
メンバーの顔
  • SNSなどでもしっかり顔出しされている
メンバーの年齢
  • DeuさんとTakeuchiさんは大学の同期で、Itoさんは1個下であることが判明している
  • PEOPLE 1結成&活動開始の2019年12月時点で大学は卒業していたとのことなので、大学卒業が”2019年以前”であることはたしかであることから、年齢は以下の通り推測できそう
    • DeuさんとTakeuchiさん:1995年生まれ(現在28歳)以上の年齢(大学の同期=同い年だとしたら)
    • Itoさん:1996年生まれ(現在27歳)以上の年齢
メンバーの大学
  • メンバー全員同じ大学だが、大学名は非公表
  • Deuさんの出身地は東京都(23区外)であることが判明していることから、関東の大学出身である可能性が高いかも
チェンソーマン主題歌は何話?
  • 楽曲は「DOGLAND」
  • 2022年12月14日0時~放送のチェンソーマン第10話でエンディング主題歌として放送された

楽曲によって曲調が大きく変わるのに、どの楽曲にも中毒性があって、個性的なのになぜか万人受けしやすい・・・PEOPLE 1は本当に唯一無二の特徴を持つ新しい時代のバンドですよね。

PEOPLE 1にとって今年2022年は飛躍の年だったと思いますが、来年はさらにもっと活躍の幅が広がることは間違いないでしょう!!引き続き応援していきたいと思います(^^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました★